瞬間-moment-

時間の無駄。

沖縄角力

沖縄角力(おきなわすもう)は、琉球沖縄県)に伝わる格闘技である。シマ、ウチナー・ジマとも呼ばれる。

 

概要[編集]
沖縄角力は日本本土の相撲によく似るが、以下の点が異なる。
お互いに四つに組んでから、技を掛け合う[1][2]。
相手の背中(両肩)を地面に付けると勝ちになる[1]。土俵はあるが土俵外に出ても負けにはならない。また、両肩以外(手など)が地面に付いた場合も負けにはならない[2]。
裸に廻しをつけるのではなく、柔道着に似た服を着て行う[2](相撲も江戸時代以前の娯楽では着衣で行なわれた絵図がある)。
張り手・突っ張り・喉輪攻め・蹴手繰り・二枚蹴り等の打撃による攻め手が無い。

 

沖縄角力 - Wikipedia

 

シマというか、無駄に沖縄が多いのも謎ではあるが、今日はパソコンが重いし、疲れているし、昨日の余計な筋トレのせいで、逆に肩こりになってしまって、困っているし、

ああ、プラスマイナスゼロはこれのことだろうか。