瞬間-moment-

時間の無駄。

待てよ、とかそういうことなのだろうか。

民政局(みんせいきょく、Government Section、通称:GS)は、連合国軍最高司令官総司令部GHQ/SCAP)内部の組織。GHQのなかで占領政策の中心を担った。

日本国憲法制定過程への関与[編集]
GSは、戦時中から大日本帝国憲法大日本帝国の統治機構を研究しており、自ら憲法制定作業に乗り出す機会をうかがっていた。
1945年12月26日に首相官邸に提出された、憲法研究会「憲法草案要綱」に対しては肯定的評価をくだしている。他方で、幣原内閣の下で発足した憲法問題調査委員会(委員長:松本烝治)の、大日本帝国憲法の趣旨が色濃く残る「憲法改正要綱(甲案)」(松本試案)には否定的であった。
1946年2月、立法・行政・人権等の分野ごとに条文を起草する8つの委員会と、全体の監督・調整を受け持つ運営委員会を局内に設け、マッカーサー草案作成にあたった[1]。

民政局 - Wikipedia

 

今日もgoogle chromeが重くて、作業にならないのだが、

一応、更新しておこう。日本国憲法の成立過程の

 

本当に重いな。これは無理だわ。