瞬間-moment-

今なら無料です。キリスト教のアガペー。

深作 欣二

『北陸代理戦争』(ほくりくだいりせんそう、Proxy War in Hokuriku )は、1977年の日本映画。98分。製作:東映

あらすじ[編集]
福井市にある暴力団 富安組の若頭・川田登は、組長の安浦が競艇場利権を譲渡する約束を破ったため、安浦をリンチ。おびえた安浦が弟分・万谷を介して大阪浅田組・金井に相談したため、金井は手打ちの仲介名目で北陸進出にのり出すことになる。
解説[編集]
深作欣二の実録映画最終作。福井市三国町敦賀市輪島市金沢市を舞台に、関西・名古屋を巻き込んだ地元ヤクザの抗争を描く。残虐さと救いのなさが描かれ、ラストには「俗に北陸三県の気質を称して越中強盗、加賀乞食、越前詐欺師と言うが、この三者に共通しているのは生きるためにはなりふり構わず、手段を選ばぬ特有のしぶとさである」のナレーションが流れる。

北陸代理戦争 - Wikipedia

 

 

深作 欣二 (ふかさく きんじ、1930年〈昭和5年〉7月3日 - 2003年〈平成15年〉1月12日) は、日本の映画監督・脚本家。愛称はサクさん。茨城県緑岡村(現・水戸市)出身。茨城大学教育学部附属中学校・水戸第一高等学校・日本大学芸術学部卒業。
妻は女優の中原早苗。長男は映画監督の深作健太

深作欣二 - Wikipedia

 

神殿に汚らわしいものを持ち込みたくないのだが、

いろいろと事情があるのだろう。

 

北陸のイメージは蟹とか米とか薬売りとか最近では新幹線とか

悪いイメージは無かったのに。