瞬間-moment-

時間の無駄。

法学

法学(ほうがく、英: jurisprudence、仏: jurisprudence、独: Rechtswissenschaft, Jurisprudenz、伊: giurisprudenza)とは、法[1]又は法律[2]に関する学問[3]である。法律学ともいう。


語源[編集]
ドイツ語「Jura (ユーラ)」という語で同じような内容を指すこともあるが[4]、本来これはラテン語の「ius (イウス)」(法)の複数形である。複数形であるのは、俗界の法(特にローマ法)と聖界の法(カノン法あるいは教会法)の両方を修めていた頃の名残であるといわれる。また、英語の「jurisprudence (ジューリスプルンデンス)」やフランス語の「jurisprudence (ジューリスプルンドンス)」、ドイツ語の「Jurisprudenz (ユーリシュプルンデンツ)」、ローマ法における「iuris prudentia (イウリス・プルデンティア)」(法の賢慮)という表現に由来する。市民法大全の 法学提要によれば、「法学とは、…正しいことと正しくないことを知ることである」[5]とされていた。
しかし、イマヌエル・カント以来の法と道徳の峻別の結果、実定法学が分かれ出ることになる。

法学 - Wikipedia

 

法学部と文学部のどちらかを選ぶとしたら文学部だろうか?

どうなのだろう。

それはともかく、宗教とか経済とか勉強していれば法学も勉強しようとは思うから、

少しは。