瞬間-moment-

今なら無料です。キリスト教のアガペー。

機械の中の幽霊

ホロン(Holon)とは、物の構造を表す概念。部分であるが、全体としての性質も持ち、上下のヒエラルキーと調和し、機能する単位。全体を構成する要素がそれ自体、全体としての構造をもつ場合の、要素(部分)としてのひとつの全体。全体子とも言う。例えば、人体という全体を構成する要素(部分)である細胞も、各々全体としての構造、機能をもっており、ホロンであると言える。
1967年、哲学者アーサー・ケストラーが著作『機械の中の幽霊』の中で提唱した概念で、ギリシア語で全体を意味する ὅλος holos に部分を意味する -on をつけた造語。

ホロン (哲学) - Wikipedia

 

アーサー・ケストラー(Arthur Koestler、ブダペスト1905年9月5日 - ロンドン1983年3月3日)は、ユダヤ人のジャーナリスト、小説家、政治活動家、哲学者。
ハンガリー出身のユダヤ人でありながら、著書『第13支族』で、アシュケナジムユダヤ人のルーツはユダヤ教に改宗したハザール人であると主張した。またソ連の現状など当時タブーとされていたことを積極的に書いた。後にイギリスに帰化している。

アーサー・ケストラー - Wikipedia

 

 

 

幽霊ではないのだろうけれど。ハッカーとかそれくらいの人物だとは思っているけれど、正体探しはもう半分くらい諦めている。

 私はロトの紋章はそれほど読んでいないのだけれど、ときどき異魔神みたいだよなあとか思ったり。

攻殻機動隊もほとんど知らないけれど、人形使いみたいなああいうのかなあ、と。

 

なんだかわけのわからない奴がいる。もはや、それだけだ。