瞬間-moment-

今なら無料です。キリスト教のアガペー。

クレシェンド

強弱法(きょうじゃくほう、英: dynamicsダイナミクス、独: Dynamikデュナーミク、仏: nuanceニュアンス)とは、特に西洋音楽において、音の強弱の変化ないし対比による音楽表現を言う。

強弱法 - Wikipedia

 

クレシェンド

 

哲学が音楽的であって、それが善ではなくて、より強くということならば、

クレシェンド記号を書くだけで良かろう。

しかも最強ではなくて、だんだん強く、ということである。

 

いや、これは哲学ではないのだろう。