瞬間-moment-

今なら無料です。キリスト教のアガペー。

ホピ族の青い星サクアソフー

ホピ族(Hopi)は、アメリカ・インディアンの部族のひとつ。「ホピ」とは彼らの言葉で「平和の民」という意味である。

文化[ソースを編集]
主にアリゾナ州北部の6,000km²の保留地(Reservation)に住んでいる。彼らの保留地はナバホ族の保留地に周囲を囲まれている。ホピ族の支族には、アリゾナ州西部、コロラド川沿いの保留地に生活しているものもいる。同地区のホピ族は、メサと呼ばれる3つのテーブルマウンテンに居留している。なお、小惑星(2938)のホピは、ホピ族の名を取り命名されている。
男子の正装は、鉢巻に白服。女子はベルベットのロングドレスで、20世紀初頭までは蝶々型の独特の髪型を結い上げていた。

 

トウモロコシの作付け・収穫が全ての儀式の中心である。
西方のサンフランシスコピークの近くの聖なる山に住んでいる、「カチーナ」という数百に上る精霊群を守護とする。儀式の際には、このカチーナ群に扮したダンサーが踊りを捧げる。儀式の際のトリックスターは「コシャレ」という。
カチーナの一種、精霊「ココペリ」を南西部に広めたのはホピとされる。
子供たちへの教育用に作られるカラフルな木彫りの「カチーナ人形」は、民芸品・芸術品としても人気が高く、日本にも輸入されている。
夏至の頃、「ニーマンの儀式」という非公開の仮面行事を行う。水木しげるはこっそりこれを写生して、画に残している。

ホピ族 - Wikipedia

 

 

惑星の名前に関してはヤハウェよりはサクアソフーのほうが宗教的には良いかもしれない。なんのことか意味がわからないとは思うのだけれど。

それからホピ族とか言っても私はアメリカ・インディアンとかネイティブアメリカンに関心が無さ過ぎるから知らないことが多い。

 

それからホピ族なのね。今までずっと名前を間違って覚えていた。