瞬間-moment-

時間の無駄。

体外受精

 

ロバート・ジェフリー・エドワーズ(英:Robert Geoffrey Edwards、CBE、1925年9月27日 - 2013年4月10日)は、イギリス出身の生物学者。ケンブリッジ大学名誉教授。ロンドン王立協会フェロー(FRS)。専門は生殖医学。特に体外受精(IVF)のパイオニアであり、イギリスの外科医パトリック・ステプトーとともに体外受精の技術を完成させ、1978年7月25日に世界初の試験管ベビーであるルイーズ・ブラウンを誕生させた[2][3]。体外受精技術を確立した業績により2010年度ノーベル生理学・医学賞を受賞した[4]。

ロバート・G・エドワーズ - Wikipedia

 

生殖医療における体外受精(たいがいじゅせい、英: In Vitro Fertilization, IVF)は、不妊治療の一つで、通常は体内で行われる受精を体の外で行う方法。

受精し分裂した卵(胚)を子宮内に移植することを含めて体外受精胚移植(IVF-ET)(ET; embryo transfer)という。 胚盤胞まで成長させてから子宮内に移植する場合は、IVF-BT(BT; blastocyst transfer)という。

一般では体外授精と表記されることもあるが、これは人工授精や顕微授精などと混同したものであり、 日本産科婦人科学会の用語集では「体外受精」の表記を用いている。 日本語では受精と授精が、表記・音ともに似ているため混同されやすいが、 もともと英語では、受精はFertilization、授精はInseminationの訳であり、全く別のものである。

体外受精 - Wikipedia

 

 

なるほど。体外受精の場合はどうなるのか?

という問題があるのか。

受精卵は人間の生命の始まりであるとか言うカトリック教会の出典を探している。

胎児といえど胎内にいる必要のない時代である。

それでは胎教とは?