瞬間-moment-

時間の無駄。

ドベネックの桶

リービッヒの最小律(リービッヒのさいしょうりつ)は、植物の生長速度や収量は、必要とされる栄養素のうち、与えられた量のもっとも少ないものにのみ影響されるとする説。ドイツの化学者・ユーストゥス・フォン・リービッヒが提唱した。

リービッヒは、植物は窒素・リン酸・カリウムの3要素が必須であるとし、生長の度合いは3要素の中でもっともあたえられる量の少ない養分によってのみ影響され、その他2要素がいくら多くても生長への影響はないと主張した。後に養分以外の水・日光・大気などの条件が追加された。

現在では、それぞれの要素・要因が互いに補い合う場合があり、最小律は必ずしも定まるものではない、とされている。

 

ドベネックの桶[編集]
リービッヒの最小律を分かりやすく説明するものとして、ドベネックの桶が知られている。

植物の成長を桶の中に張られる水に見立て、桶を作っている板を養分・要因と見立てる。これならば、たとえ一枚の板のみがどれだけ長くとも、一番短い部分から水は溢れ出し、結局水嵩は一番短い板の高さまでとなる。

リービッヒの最小律 - Wikipedia

 

 

井深 大(いぶか まさる、1908年(明治41年)4月11日 - 1997年(平成9年)12月19日)は、日本の電子技術者および実業家。

盛田昭夫とともにソニーの創業者の一人。

井深大 - Wikipedia

 

幼児教育とか児童心理学とかにも桶の話が適用されるのかどうかはわからないけれど。

トラウマとかだったらわかりやすいような。

 

ふと思ったのだが、胎教を考えると、胎児のときの影響は生まれる以前のいわば

前世ではないだろうか?

まあ、人の生命は受精卵の頃からですという見解を取れば、違うだろうけれど。

産まれる前ではある。

 

うまれる

 

発生

出産

 

そこまで考えるときりが無いのだけれど。胎児の頃の問題をどうにかしようとしても無理だろう。