瞬間-moment-

今なら無料です。キリスト教のアガペー。

芸術は嫌いです。苦手です。下手です。授業がつらいです。

マニエリスム (伊: Manierismo ; 仏: Maniérisme ; 英: Mannerism) とはルネサンス後期の美術で、イタリアを中心にして見られる傾向を指す言葉である。美術史の区分としては、盛期ルネサンスバロックの合間にあたる。イタリア語の「マニエラ(maniera:手法・様式)」に由来する言葉である[1]。ヴァザーリはこれに「自然を凌駕する行動の芸術的手法」という意味を与えた[1]。

 

概念[編集]
成立の経緯[編集]
ミケランジェロに代表される盛期ルネサンスの成果は圧倒的であり、芸術は頂点を極め、今や完成されたと考えられた。ミケランジェロの弟子ヴァザーリミケランジェロの「手法(マニエラ maniera)」を高度の芸術的手法と考え、マニエラを知らない過去の作家に対して、現在の作家が優れていると説いた。 レオナルド・ダ・ヴィンチラファエロミケランジェロら盛期ルネサンスの巨匠たちは古典的様式を完成させた。これをヴァザーリは普遍的な美の存在を前提とし、「最も美しいものを繋ぎ合わせて可能な限りの美を備えた一つの人体を作る様式」として、「美しい様式(ベルラ・マニエラ)」と定義づけた。

1520年頃から中部イタリアでは前述の巨匠たちの様式の模倣が目的である芸術が出現し、「マニエラ」は芸術作品の主題となった。その結果盛期ルネサンス様式の造形言語の知的再解釈が行われ、盛期ルネサンス様式は極端な強調、歪曲が行われるようになった。一方で古典主義には入れられなかった不合理な諸原理を表現する傾向も表れるようになった[2]。フィレンツェにおけるマニエリスムの発生は、1512年のジュリアーノ・デ・メディチの追放とそれによるメディチ家フィレンツェへの復帰、それらの社会的な緊張感の発生と芸術家への発注数の増加[3]、ミケランジェロ・ブオナローティラファエロ・サンティのローマへの移動によって起きたフィレンツェの伝統からの解放をハウザーは挙げている[4]。またこの変化の中でマニエリスム様式の模範を作る重要な役割を果たした芸術家としてハウザーはヤコポ・ダ・ポントルモを示している[4]。

しかし、17世紀のピエトロ・ベッローリ(英語版)はミケランジェロの「マニエラ」の模倣者たちを非難し、やがて型にはまった生気の欠けた作品という評価が支配的となった。この考え方は19世紀まで引き継がれ、マニエリスムは1530年頃からのローマやフィレンツェにおける絵画の衰退を意味する言葉として扱われた[5]。

その後1956年にオランダのアムステルダムにて催された『ヨーロッパ・マニエリスムの勝利』などをきっかけとして[6]、20世紀ドイツにおけるドイツ表現主義や抽象主義の隆盛により[7]、マニエリスムも独立した表現形態であり、抽象的な表現に見るべきものがあるとして再評価されるようになった。

 

マニエリスム - Wikipedia

 

私は幼稚園で絵を描くように言われたとき、順番を間違えた。

そして幼稚園の先生に注意された。

美術の先生は構わないといったのだけれど、

私はすっかり絵が嫌いになった。

 

私は絵が嫌いである。

ついでに、歌も踊りも工作も

とにかく芸術系は嫌いであり、苦手であり、

すっかり関わりの無いものであるが、

精神分析心理療法にはそれらが必要なのだった。

 

嫌なものほど関わりがあったりする。

 

どうも私は、リズムとか他人に合わせるとか

そういう能力に欠けているような気がするのだ。

練習とか言う以前の問題として。

こうして身体能力、感性の問題になるから、嫌なのであるが。

どうしようもないだろうみたいな。

 

遺伝子改造を賛成するしかないのか?みたいな。