瞬間-moment-

キリスト教とは何だったのか?

マンダラ

 

インドでは諸神を招く時、土壇上に円形または方形の魔方陣、マンダラを色砂で描いて秘術を行う。色砂で土壇上に描くため、古い物は残っていないが、チベット仏教などでは今でも修行の一環として儀式、祭礼を行う時に描かれる。

種類(形態)[編集]
曼荼羅はその形態、用途などによってさまざまな分類があるが、まず以下の2形態に大別される。

曼荼羅:壇を作り、その壇上に、宝石などを砕いたり、彩色した様々な色彩の砂を用いて描いたもの[5]

曼荼羅 - Wikipedia

 

私は個人的な心理療法のほうに関心があるから

宗教的な曼荼羅のほうには関わらないが、

ユングとかはマンダラに関心を持っていたそうだ。

禅とかなら枯山水などもそうかもしれないが、

今日は東洋的な話になってしまった。