瞬間-moment-

今なら無料です。キリスト教のアガペー。

ゼネコンを超えたゼネコン

スペースコロニー(Space Colony)とは、1969年に当時アメリカのプリンストン大学教授であったジェラルド・オニールらによって提唱された、宇宙空間に作られた人工の居住地である。

 

概要[編集]
スペースコロニーは、1969年にアメリカのプリンストン大学にて、ジェラルド・オニール博士と学生たちのセミナーの中での、惑星表面ではなく宇宙空間に巨大な人工の居住地を作成するというアイデアから誕生した。1974年にニューヨーク・タイムズ誌に掲載されたことから広く一般に知られるようになった。

地球と月との引力の関係が安定する領域「ラグランジュポイント」に設置され、居住区域を回転させて遠心力によって擬似重力を得る。コロニー内部には地球上の自然が再現され、人々が地球上と変わらない生活ができるようになるという構想である。

例えば直径約6kmの円筒形のスペースコロニーが地球と同じ重力(1G)を得るには、1分50秒 (=110秒)で一回転すればよい (約6×10-2 rad/s)。これはかなりの高速だが、地球と同じだけの重力を必要としないのであればさらに低速でよい。

 

スペースコロニー - Wikipedia

 

 

建設(けんせつ、construction コンストラクション)は、建築(architecture)と土木(civil engineering)その他農分野の林業や造園の工事などや、海洋分野やプラント、「電設」という言葉(社団法人日本電設工業協会や住友電設株式会社などでいう電気設備の建設という意味での「電設」)や通信分野のインフラストラクチャーなどの基盤構築の分野の総称。ほか、言葉的には「建設的な意見」などのように積極、能動的なニュアンスが含まれながら使用される。

建築工事業土木工事業の分野をあわせたものには、「土建」(どけん)という言葉がある。

建設 - Wikipedia

 

 

ゼネコンとは、元来英語の「General Contractor」の略称であり、元請負者として各種の土木・建築工事を一式で発注者から直接請負い、工事全体のとりまとめを行う建設業者を指す。日本語では総合建設業(そうごうけんせつぎょう)に該当する。

 

スーパーゼネコン (大手ゼネコン)[編集]
平成28年度の売上高(単独)が1兆円を超えるゼネコン。

鹿島建設
清水建設
大成建設
大林組
竹中工務店(非上場企業)
日本における建設大手のうち完成工事高上位5社を、その歴史と規模などから俗にスーパーゼネコンと呼ぶ。

スーパーゼネコンは、建設工事の施工を営業の中核としながら、社内に設計部門・エンジニアリング部門・研究開発部門を抱えており、建設に関する幅広い技術力を有している。

欧米の建設業界では、設計業と施工業は設計会社、施工会社と別会社組織で、明確な分業体制をとっているのが普通であり、日本のスーパーゼネコンは世界的に見てもかなり特異な存在であるといえる。

ゼネコン - Wikipedia

 

ゼネコンの話ではなくて

スペース・コロニー建設の話。

 

穴掘って埋める工事より、宇宙にスペース・コロニー建設とか。

どちらも無駄金だろうみたいな。だったら宇宙だ、とか。