瞬間-moment-

時間の無駄。

核融合とはいえ

ブリガム・ヤング大学(ブリガムヤングだいがく、Brigham Young University、略称:BYU または the Y)は、末日聖徒イエス・キリスト教会モルモン教)が運営するアメリカ合衆国の非営利私立大学。モルモン教の中心地であるユタ州プロボに設置されている。1875年10月16日、末日聖徒イエス・キリスト教会ユタ州モルモン教徒入植者に対する教育を目的に創立されたブリガム・ヤング・アカデミー(Brigham Young Academy)を前身に、1903年に大学としての認可を受けた。

モルモン教の神学校(現在の大管長トーマス・S・モンソンも出身者である)として機能する傍ら、宗教教育以外でも様々な分野で非常に優れた教育を施し、多くの人材を送り出してきた。その中にはアメリカ大統領候補となった政治家ミット・ロムニー、デルCEOを務めた経営者ケビン・ロリンズ、芸能人ケン・ジェニングス、作家のステファニー・メイヤー、オースン・スコット・カード、スティーブン・R・コヴィーらが含まれる。

特にAccounting(会計学)、languages (言語学)のレベルの高さで知られており、米国トップクラスの大学として評価されている。

ブリガムヤング大学 - Wikipedia

 

スティーブン・ジョーンズ (英語: Steven Earl Jones、1949年3月25日 - )は、アメリカ合衆国の物理学者、ミューオン触媒核融合の研究者である。

1973年にブリガムヤング大学で学位を得たのち、1974年-1977年、SLAC国立加速器研究所で研究を続け、1978年にはヴァンダービルト大学の物理学の博士号を取得した。1979年-1985年、アイダホ国立研究所(en:Idaho National Laboratory)に勤務。1985年、ブリガムヤング大学物理天文学部に移った[1]。

1989年3月23日のマーティン・フライシュマンとスタンレー・ポンズによる常温核融合現象発見の記者発表ののち、パラジウム・チタンと金とを電極に用いた重水液の電解実験についての論文を科学雑誌『ネイチャー』同年4月27日号に発表[2]、極めて微量の中性子の発生を報告し、重水素同士が反応する常温核融合が起きたと結論づけた[3]。

物理学者戸塚洋二の招きに応じて1991年1月に来日、カミオカンデでの常温核融合実験に参加した[4]。

2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ事件によってワールドトレードセンターの3つのビルが崩壊した原因をめぐり、ビル地下の溶けた金属を調べると、瞬間的に鋼鉄を切断する際に使用されるテルミットのような高熱を発する爆発物を使用した形跡が見られた、と述べた[5][6]。

2007年1月、ブリガムヤング大学物理学教授を退任した。

スティーブン・ジョーンズ - Wikipedia

 

常温核融合はオカルトではないのですか?