瞬間-moment-

キリスト教とは何だったのか?

フォークソング

赤い鳥(あかいとり)は、日本の音楽グループ。1969年に結成、1970年代を中心に活動し、1974年解散

経歴[編集]
グループ名は鈴木三重吉主宰の児童雑誌『赤い鳥』からとった。
デビュー前は松田幸一も参加していた。


代表曲[編集]
翼をください
1971年「竹田の子守唄」のB面曲として発売。合唱曲として有名となり、既に1970年代後半から学校教育の場でもよく採り上げられるようになっていた。1991年に川村かおり川村カオリ)がカバーしてヒット。山本潤子は赤い鳥解散後、ハイ・ファイ・セット時代、ソロ前期と、この唄に限らず赤い鳥時代の歌を封印していた。しかし、この歌が合唱曲となり、我が子までもが知っていたことがきっかけでまた歌うようになった。1998年、サッカーワールドカップの際には、サッカー日本代表チームの応援歌として、山本潤子が歌いヒットした。曲をモチーフにしたドラマも放映された。「翼を下さい」と表記される事もあるが、厳密には『翼を下さい』と表記した場合は、後年制作され、『赤い鳥』としてもシングル発売した英語バージョンを指す。

 

赤い鳥 (フォークグループ) - Wikipedia

 

先に調べたほうが良かったな。

疲れた。鶯とか必要なかった。