瞬間-moment-

キリスト教とは何だったのか?

オペラ

カルメル会修道女の対話』(カルメルかいしゅうどうじょのたいわ、Dialogues des carmélites)は、フランシス・プーランク作曲のオペラ。フランス革命前後のコンピエーニュのカルメル会修道女の処刑を題材とする。全3幕。

カルメル派修道女の対話 - Wikipedia

 

 

フランシス・ジャン・マルセル・プーランクプランク)(Francis Jean Marcel Poulenc [fʁɑ̃sis ʒɑ̃ maʁsɛl pulɛ̃k] 発音例,1899年1月7日-1963年1月30日)は、フランスの作曲家。フランス6人組の一人。声楽、室内音楽、宗教的楽劇、オペラ、バレエ音楽、オーケストラ音楽を含むあらゆる主要な音楽ジャンルの楽曲を作曲している。その作風から、1950年7月のパリのプレス紙において評論家のクロード・ロスタンから「ガキ大将と聖職者が同居している」と評された。

フランシス・プーランク - Wikipedia

 

オペラは退屈のような気もするけれど、勉強する必要はあるよなあ。