瞬間-moment-

キリスト教とは何だったのか?

エメラルドタブレット

エメラルド・タブレット(英: Emerald Tablet, Emerald Table, 羅: Tabula Smaragdina)は、錬金術の基本思想(あるいは奥義)が記された板のこと。エメラルド板、エメラルド碑文とも。 ただし、現存するのはいずれもその翻訳(と称する文章)だけで、実物は確認されていない。

概要[編集]
伝説によると、この碑文はヘルメース自身がエメラルドの板に刻んだもので、ギザの大ピラミッドの内部にあったヘルメス・トリスメギストスの墓から、アブラハムの妻サラあるいはテュアナのアポロニオスによって発見されたものであるという。あるいは、洞窟の中でエメラルドの板に彫りこまれたのをアレクサンダー大王が発見したともいう。

12世紀にアラビア語からラテン語に翻訳されて中世ヨーロッパにもたらされた。最初期のラテン語訳には、セビリャのフアン(en:John of Seville)によって翻訳された偽アリストテレスの『秘中の秘』(1140年頃 en:Secretum Secretorum)に含まれるものや、サンタリャのウゴ(en:Hugo of Santalla)によるものがある。17世紀のイエズス会アタナシウス・キルヒャーによる訳が広く知られている。パラケルススは、シュポンハイムの僧院長ヨハネス・トリテミウスが父ヴィルヘルムに贈ったエメラルド・タブレット(診療室に貼ってあった)を見て育ったという。[1]。

これに記されたうちで最も有名な言葉は、錬金術の基本原理である「下のものは上のもののごとく、上のものは下のもののごとし」であろう。これは大宇宙と小宇宙の相似ないし照応について述べたものである。

エメラルド・タブレット - Wikipedia

 

エメラルド(英: emerald)は、ベリル(緑柱石)の一種で、強い緑を帯びた宝石である。和名は、翠玉(すいぎょく)、緑玉(りょくぎょく)である。

性質・特徴[編集]
鉱物学的性質については「緑柱石」を参照

エメラルド - Wikipedia

 

 

 

モルガナイト(morganite)はピンク色ないし淡赤紫色の緑柱石(ベリル)である。呈色はマンガン(Mn)に由来する。
性質・特徴[編集]
鉱物学的性質については「緑柱石」を参照
名前の由来[編集]
1910年に宝石学の権威、G. P. クンツ(George Frederick Kunz)が、宝石コレクターであったモルガン財閥の創始者ジョン・モルガンの功績をたたえて命名した。

モルガナイト - Wikipedia

 

モルガンお雪(モルガンおゆき、明治14年(1881年)11月 - 昭和38年(1963年)5月18日)は日本の芸妓。アメリカの大富豪J.P.モルガンの甥と結婚したことで知られる。本名は加藤ユキ、芸妓名は「雪香」、洗礼名はテレジア。

モルガンお雪 - Wikipedia

 

リジューの聖テレーズ(フランス語:Thérèse de Lisieux, 1873年1月2日-1897年9月30日)あるいは幼きイエスの聖テレジア、小さき花のテレジアは、19世紀フランスのカルメル会修道女。本名はマリー・フランソワーズ・テレーズ・マルタン。修道名は「幼きイエスと尊き面影のテレーズ」。カトリック教会の聖人にして教会博士の一人。若くして世を去ったが、その著作は今日でも世界中で広く読まれ、日本でも人気のある聖人の一人である。

また、マザー・テレサ(コルコタの聖テレジア)の「テレサ」という修道名はテレーズの名からとられている。

リジューのテレーズ - Wikipedia

 

 

緑柱石(りょくちゅうせき、英: beryl、ベリル)は、ベリリウムを含む六角柱状の鉱物。金属元素ベリリウムの名前は、この中から発見されたことに由来する。透明で美しいものはカットされて宝石になる。

緑柱石 - Wikipedia

 

アタナシウス・キルヒャー(アタナージウス-、Athanasius Kircher, ラテン語: Athanasius Kircherus Fuldensis, 1601年5月2日 - 1680年11月27日)は17世紀のドイツ出身の学者、イエズス会司祭。東洋研究、地質学、医学など幅広い分野で優れた業績を残した。ヒエログリフの科学的研究と読解に取り組んだパイオニアとしても有名。また伝染病がなんらかの微小生物によって引き起こされるという考えをはじめて実証的に示し、その説にもとづいた予防法を提案した。当時のヨーロッパ学会における最高権威であったが、最晩年はルネ・デカルトなどの合理主義の立場から批判にさらされた。その後忘れられていたが、20世紀の後半になって再びその業績の先進性と多彩さが評価されるようになり、「遅れてきたルネサンス人」とも呼ばれるようになった。アリストテレス的方法論を自在に駆使しながら、同時に観察や実験を重視したという点において中世と近代をつないだ学者であるともいえる。

アタナシウス・キルヒャー - Wikipedia

 

エメラルドタブレットからヘルメストリスメギストスからトートで音楽の神のはずが
モルガン(モーガン)関係になってしまった。