瞬間-moment-

キリスト教とは何だったのか?

石油王のイメージとは?

f:id:yukiyamasnow20:20170510225748j:plain

 

ヒューストン(Houston)は、アメリカ合衆国テキサス州南東部に位置する都市。2,099,451人(2010年国勢調査)の人口を抱えるテキサス州最大、全米第4の都市である[1]。ハリス郡を中心に9郡にまたがるヒューストン都市圏の人口は5,920,416人(2010年国勢調査)にのぼる[1]。市域面積は1,500km²におよび、市郡一体の自治体を除くとオクラホマシティに次ぐ全米第2の広さである。

ヒューストンは1836年8月30日にオーガストゥス・チャップマン、ジョン・カービーのアレン兄弟によってバッファロー・バイユーの河岸に創設された。市名は当時のテキサス共和国大統領で、サンジャシントの戦いで指揮を執った将軍、サミュエル・ヒューストンから名を取って付けられた。翌1837年6月5日、ヒューストンは正式に市制施行された。19世紀後半には海港や鉄道交通の中心として、また綿花の集散地として栄えた。やがて1901年に油田が見つかると、市は石油精製・石油化学産業の中心地として成長を遂げた。20世紀中盤に入ると、ヒューストンには世界最大の医療研究機関の集積地テキサス医療センターやアメリカ航空宇宙局NASA)のジョンソン宇宙センターが設置され、先端医療の研究や航空宇宙産業の発展が進んだ。古くからこうした様々な産業を持ち、フォーチュン500に入る企業の本社数がニューヨークに次いで多いヒューストンは、テキサス州のみならず、成長著しいサンベルトの中心都市の1つであり、アメリカ合衆国南部のメキシコ湾岸地域における経済・産業の中枢である。また、全米最大級の貿易港であるヒューストン港[2]を前面に抱え、ユナイテッド航空(旧・コンチネンタル航空)のハブ空港であるジョージ・ブッシュ・インターコンチネンタル空港を空の玄関口とする、交通の要衝でもある。また、日本を含む世界86ヶ国が領事館を置く世界都市でもある[3][4]。

 

ヒューストン - Wikipedia

 

 

イメージが大事なのだろうから
石油に関するこれという感じの画像を探したのだけれど
なかった。探した方が悪いのか。


工場よりもグリーンな環境保護のほうが
良いイメージがしてしまうのは
もうすっかり、エコとかなんとかの影響だろうか。

 

f:id:yukiyamasnow20:20170510230209j:plain

 

油田だけれど微妙な気がする。

 

 

ついでに豪邸も海外のサイトのせいなのか

f:id:yukiyamasnow20:20170510230319j:plain

 

別にプールとかいらないよみたいな気がして

使う気がしなかった。

 

なんだか難しいな。