瞬間-moment-

時間の無駄。

同期の桜

「同期の桜」(同期の櫻、どうきのさくら)は、日本の軍歌。太平洋戦争(大東亜戦争)時、好んで歌われた歌である。華々しく散る姿を、桜花に喩えた歌である。大村能章作曲。原詞は西條八十による(後述するように直接作詞したわけではない)。この歌が転じて「同期生」を表す言葉になった。

同期の桜 - Wikipedia

 

なんだか疲れる。

最初に話した頃、神道とか言っていたのが気になるけれど
今となってはそんなことはどうでもよく、
私の人生に大きな影響を与えた人物の一人という感じか。