瞬間-moment-

キリスト教とは何だったのか?

木星探検

f:id:yukiyamasnow20:20170509220813j:plain

 

木星に火山は無いだろうけれど
木星の内部がどうなっているのか観察したかったりする。

ガリレオ衛星のイオには火山があるらしいけれど、
上の画像の正面の衛星はカリスト
画像をお気に入りにしている人たちが多かった。


でもなあ、地質学者になりたかったのではないと思う。
地球の火山には興味が無い。

 

 

モノリスとは、SF作品『2001年宇宙の旅』シリーズに登場する、石柱状の謎の物体。

なお、元来のモノリス(英語の一般名詞 monolith )は、「ひとつの、または孤立した岩」という意味のギリシャ語から派生したラテン語に由来する普通名詞であり、石柱、記念碑、オベリスク等の人工物、およびウルル(エアーズロック)、ストーン・マウンテン等の巨石を指す。

モノリス (2001年宇宙の旅) - Wikipedia

 

 

木星帝国(ジュピター・エンパイア)は、漫画『機動戦士クロスボーン・ガンダム』に登場する木星圏を支配する架空の国家。

概要[編集]
宇宙世紀世界では核融合炉を主なエネルギー源としているが、核融合に必要なヘリウム3は主に木星で採集されていた。そのため、木星圏のスペースコロニーに移住した人々によってヘリウムが採集され、「ヘリウム船団」と呼ばれる宇宙貨物船団が地球圏と木星圏を往復することによって地球圏の経済は成立していた。

木星コロニーは地球連邦の一組織である「木星公社」の管理下にあるというのが建前であったが、地球連邦の目が届かず、あらゆる資源に限りのある過酷な環境である木星では、いつしか住みやすい環境である地球への羨望意識と指導者であるクラックス・ドゥガチの命令を絶対のものとする独裁体制が成立。自分たちを辺境の地に追いやった地球圏の人々から地球を取り戻すという目的の下、軍事国家となっていた。

木星帝国 - Wikipedia

 

それにしても、太陽系外惑星も発見されているのに

いまだに私の宇宙が木星で停滞しているのは、どうかと思う。

 

 

ホット・ジュピター[1](英語: Hot Jupiter) は、木星ほどの質量を持ちながら、主星の恒星から、わずか0.015au(224万km)から0.5au(7480万km)しか離れておらず、表面温度が非常に高温になっている太陽系外惑星の分類の一つである[2]。roaster planets[3]、epistellar jovians[4][5]、pegasids[6][7]とも呼ばれる。恒星に極めて近く、強烈な恒星光を浴びるため表面温度は高温になっていると予想されている。「ホット・ジュピター」は直訳すれば「熱い木星」となるが、このような特徴に由来したものである。この種の系外惑星は1995年頃から続々と発見されつつある。

主星に近く、質量が大きく、高速で公転しているため、惑星に重力による、主星のわずかな揺れを検出するドップラー分光法での発見が最も簡単なタイプである。最もよく知られているホット・ジュピターペガスス座51番星bである。ペガスス座51番星は、太陽に似た恒星を、わずか4日間で公転しており、1995年に発見された。

他にも、離心率の大きい彗星のような楕円軌道を描き、灼熱期と極寒期をめまぐるしく繰り返す巨大惑星エキセントリック・プラネットも発見されている。両者はこれまでに発見された太陽系外惑星のうち大半を占めているが、後者の方が圧倒的に多い。いずれも、我々の太陽系の惑星からは想像もつかない惑星である。

 

 

ホット・ジュピターの実例[編集]

ペガスス座51番星b
最初に発見された恒星の周りを回る系外惑星

オシリス (HD209458 b)
初めて恒星面通過が観測された系外惑星。大気が流出していることでも知られている。

グリーゼ876d (Gliese 876 d)
質量が少なくホット・ネプチューン(またはスーパーアース)と呼ばれるタイプ。観測方法の特質上最低質量しか知られていないが、最も低く見積もった場合の質量は地球のわずか5.9〜7.3倍である。この数値から地球と同じく岩石が主成分の惑星であると推定される。主星は赤色矮星で、この惑星系にはこの惑星のほかに2つの巨大惑星が知られている(※惑星bの軌道傾斜角が84度と観測されていることから、惑星cも同程度、そしてこの惑星dも相似の傾斜角を持つとされる。よって、確定質量が地球の約7倍以下であることは確実視されている)。

ホット・ジュピター - Wikipedia

 

どうせならホット・ジュピターとかか。

今日はもう疲れているけれど、 ペガスス座