瞬間-moment-

キリスト教とは何だったのか?

ソユーズ

f:id:yukiyamasnow20:20170509174057j:plain

 

f:id:yukiyamasnow20:20170509174113j:plain

ソユーズ(ロシア語: Союз)とは、ソビエト連邦およびロシア連邦の1 - 3人乗り有人宇宙船である。

2人乗りボスホート宇宙船に続くもので、ソ連の有人月旅行計画のために製作されたが、結局有人月旅行計画は実現されなかった。

当初はソ連の宇宙ステーション「サリュート」や「ミール」への連絡に使用され、登場から40年以上経た21世紀でも、国際宇宙ステーション (ISS) へアクセスする唯一の有人往復宇宙船、およびステーションからの緊急時の脱出・帰還用として、現役で使用されている。

名称の 「ソユーズ」は、ロシア語で「団結、結合」という意味で、ほかに「同盟」、「連邦」、「組合」という意味も持つ。ロシア語本来の読みは、「サユース」が近い。

ソユーズ - Wikipedia

 

 

ソユーズロケットはソユーズ計画でのソユーズの有人打ち上げに使われるほか、国際宇宙ステーションへのプログレス補給船の輸送、スターセムやアリアンスペースの商用打ち上げなどに利用されている。ソユーズは燃料に液体酸素とRP-1 (RP-1) を使っており、ソユーズU2は液体酸素とシンチン(英語版)を使っていた。ソユーズはR-7の派生形である。

なお、ソユーズロケットは中心に二段構成のロケットがあり、その周りに4基のロケットが存在している。日本やアメリカでは周辺の4基を補助ロケットとするが、ソユーズにおいてはこれを1段目としている。

ソユーズロケット - Wikipedia

 

なぜソユーズなのか?