瞬間-moment-

キリスト教とは何だったのか?

タロット占いそれから書物占い(ビブリオマンシー)

大アルカナ(だいアルカナ、major arcana)とは、タロットの一組78枚のうち、22枚を構成する、寓意画が描かれたカードを指す。

概要[編集]
「アルカナ」とは、ラテン語でarcanum=アルカーヌムの複数形であり、「机の引き出し」の意味から、引き出しに「隠されたもの」をさし、さらに転じて「秘密」「神秘」などの意味になった。タロットを神秘的なものと見るようになった19世紀頃から使われ始めた言葉で、ゲーム用具としてのタロットでは、単に「切り札(英語: trump、フランス語: atout など)」と呼ばれる。ただし、愚者を切り札に含めるかどうかは地域差があり、フランスでは切り札とは独立したカードとしているが、オーストリアなど中央ヨーロッパでは22番目の切り札としている。

ヘブライ文字との関係[編集]
枚数が22枚であることから、神秘主義者らによって、ヘブライ文字22文字や、セフィロト(生命の木)の22本の経路と関連づけて解釈される事が多い。しかしヘブライ文字と22枚のカードのどれとどれを関係付けるかは複数の説がある[1]。

 

大アルカナ - Wikipedia

 

占いは占星術を勉強する必要があるとは思っているが、

タロットは面倒なので、それほど関心はないが大アルカナの数が22であること。

 

はてなブログが重いせいか、なぜかこの記事が二重投稿になった。

 

本を開く占いはビブリオマンシーとかいうようだ。

ニューエイジニューソートと関係があるのかと思っていたが違うようだ。

 

 

 

書物占い(しょもつうらない、ビブリオマンシー、英: bibliomancy)とは本を使った占いをいう。聖典や詩集で無作為にページを開き単語や節を選ぶというもので、世界的に広く行われている。

方法[編集]
真実を記していると信じられる本を手に取る
本の背を下にして立て、自然に開くに任せる
目を閉じて節を選ぶ
キリスト教徒ならば聖書、イスラム教徒ならばコーランが最も一般的に使われる。中世のヨーロッパにおいてはウェルギリウスの『アエネーイス』がよく使われた。当時は他に、ホメロスの『イーリアス』や『オデュッセイア』も使われた。

イランではハーフェズの詩集が最も使われるが、それ以外にコーランやルーミーの作品が使われることもある。

本が特定のページを開きやすいという理由で、どのページを開くかサイコロなどの別の方法で選ぶ者もいる。この方法は易経に従い、コインやセイヨウノコギリソウの茎を使って様式化されている。タロット占いは、各カードがページとして製本化されていないという違いがあるが、書物占いの一種ともみなせる。

書物占い - Wikipedia

 

 

聖書のフレーズをランダム表示すればできるだろうか。

でも本を開くのとランダム表示ではなにかが違うだろう。