瞬間-moment-

時間の無駄。

ロード・オブ・ザ

森田一義アワー 笑っていいとも!』(もりたかずよしアワー わらっていいとも)は、フジテレビ系列で1982年(昭和57年)10月4日から2014年(平成26年)3月31日まで、平日(月曜日から金曜日まで)の12:00 - 13:00[注 1](JST)に生放送されていた帯トークバラエティ番組。通称は『笑っていいとも!』、『いいとも!』。モノラル放送(モノステレオ放送)、ハイビジョン制作(2005年7月25日放送分から)を実施していた。

森田一義タモリ)の冠番組タモリが司会を務める番組の中ではテレビ朝日系列『タモリ倶楽部』[注 2] に次ぐ長寿番組。2014年3月31日の通常放送最終回、および同日ゴールデンタイム枠の『グランドフィナーレ 感謝の超特大号』と題した生放送特別番組で31年半の歴史に幕を下ろした[1]。

森田一義アワー 笑っていいとも! - Wikipedia

 

『テレフォンショッキング』(英称:TELEPHONE SHOCKING)は、フジテレビ系列で放送されていた長寿バラエティ番組『森田一義アワー 笑っていいとも!』の日替わりゲストトークコーナーである。

概要[編集]
毎回、日替わりにゲスト(番組内では「テレフォンゲスト」と呼ぶ。以下同様)を番組に招き、司会の森田一義タモリ)(以下タモリと記述)とトークを展開するコーナー。番組初回から最終回まで唯一一貫して放送されていた長寿コーナーであり、同番組の看板コーナーであった。初回(1982年10月4日・第1回)のテレフォンゲストには桜田淳子、最終回(2014年3月31日・第8054回)にはビートたけしを迎えた。

当初、本コーナーに生出演したテレフォンゲストが「お友達紹介」として、次回(翌日、金曜日の場合は次週月曜日)に登場するテレフォンゲストを紹介し、電話で出演依頼を申し込むのがコンセプトであった。依頼を受けた次回のゲストとタモリの「明日来てくれるかな?」「いいとも!」のやりとりは番組放送当時の流行語となった。しかし、2012年4月9日放送分から「お友達紹介」及び「明日来てくれるかな?」「いいとも!」のやりとりは廃止され、タモリが次回のゲストを紹介し、電話を繋いで出演の最終確認をする形式に変更された。

元々このコーナーは、司会のタモリが当時大ファンであった伊藤つかさに会うために、ゲストによる“友達の輪”を繋いでいき伊藤をテレフォンゲストに招くことを目的に始まった。伊藤は1985年7月8日にゲスト初出演を果たしている[1]。『笑っていいとも!』立ち上げに際して、最初に決まったコーナーがこのコーナーであったとされる[2]。

テレフォンショッキング - Wikipedia

 

 今頃になって、笑っていいとも!に関心をもってどうするのだ。