瞬間-moment-

時間の無駄。

殷の武丁

武丁(ぶてい)は殷朝の第22代王。

殷墟(大邑商)の地に都を置いた[1]。また甲骨文はこの武丁の時代から見られる。

鬼方という異民族を3年かけて討ったと易経にあり、軍事的にも殷の勢力を四方に拡大した。夫人の婦好も自ら軍を率いて敵国を征伐したという。

子に祖己・祖庚・祖甲がおり、卜辞ではこの順に即位したとされるが、史記などでは、祖己は即位していないことになっている。

武丁 - Wikipedia

 

 

それから

陰陽五行説

殷朝