瞬間-moment-

時間の無駄。

アフガンはお彼岸ではない。

アフガニスタン紛争(2001年 - 2014年)(アフガニスタンふんそう)では、アフガニスタンで断続的に発生している紛争のうち、2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ事件の首謀者として指定されたアルカーイダの引き渡しに応じなかったターリバーン政権に対し、アメリカ合衆国が主導する有志連合諸国および北部同盟(2001年以降はアフガニスタン暫定政府、2004年以降はアフガニスタン政府)が「不朽の自由作戦」に基づき、アフガニスタンにおいてターリバーン勢力、アルカーイダ、およびその他の武力集団との間で行っている武力衝突を扱う。

 

アフガニスタン紛争 (2001年-2014年) - Wikipedia

 

アフガニスタン・イスラム共和国アフガニスタンイスラムきょうわこく)、通称アフガニスタンは、中東・中央アジアに位置する共和制国家。内陸国であり、分離したパキスタンが南及び東に、西にイラン、北にタジキスタントルクメニスタンウズベキスタンで、国の東端(ワハーン回廊)は中華人民共和国に接する。首都はカーブル。国民の平均寿命が48歳であり、世界で二番目に短い国である(2011年現在、最下位はマラウイの47歳)。

パシュトゥーン人(狭義のアフガーン人)のほか、タジク人、ハザーラ人、ウズベク人、トルクメン人などの数多くの民族が住む多民族国家でもある。

 

アフガニスタン - Wikipedia

 

 

 

アフガニスタン紛争には関心がないのだけれど、

古代を調べていたときに、イラン東部、インド北西部となると

アフガニスタンの宗教とかを調べる必要があったけれど、停滞していた。

旧約聖書でのメシア、キュロスとか、ゾロアスター教とか。

今ではペルシャとかゾロアスターとかではなくてイスラム教なのだけれど。