瞬間-moment-

キリスト教とは何だったのか?

深谷伊三郎(ふかや いさぶろう、1900年 - 1974年)は、日本のきゅう師[1]。

来歴[編集]
東京に生まれ、早稲田大学入学→日本大学法学科卒業。肺結核にて5年間病床に臥し、灸治療により劇的な回復を遂げる。その後、一念発起し、鍼灸界へ身を投じ、特に灸の研究には優れた業績を残している。深谷灸法の確立や灸に関する書物を著したりもした。弟子に入江靖二をはじめとした多くの弟子がいる。鍼灸治療雑誌を20年間刊行したり、鍼灸之世界社の主宰を務めるなどした。代表作に名家灸選釈義があり、現在でも多くの鍼灸師が治療の際にこの名家灸選釈義を使用している。なお、息子の新間英雄はミュージシャン、孫の立川志らく落語立川流の真打ちである。

深谷伊三郎 - Wikipedia

 

 

灸(きゅう、やいと)は, 経穴(つぼ)と呼ばれる特定の部位に対し温熱刺激を与えることによって生理状態を変化させ、疾病を治癒すると考えられている伝統的な代替医療、民間療法である。中国医学、モンゴル医学、チベット医学などで行われる。

もぐさを皮膚に乗せて火を点ける方法が標準とされるが、種々の灸法が存在する(下記の「灸法の種類」を参考)。

日本では医師以外の者が灸を業として行う場合は灸師免許が必要である。

灸 - Wikipedia

 

 

www.youtube.com

 

『死神』(しにがみ)は古典落語の演目の一つ。 幕末期から明治期にかけて活躍して多数の落語を創作した三遊亭圓朝(初代)がグリム童話の第二版に収載された『死神の名付け親』を(おそらく福地桜痴から聞いて)翻案したものである[1]。 なお類話としてイタリアのルイージ・リッチ、フェデリコ・リッチ兄弟の歌劇『クリスピーノと死神』がある。

 

死神 (落語) - Wikipedia

 

なんとなく視聴したが疲れているからまだまだ動画を視聴するのは体への負担が大きい。

ツボを調べていた。それで灸の話から落語へ。

灸は道具が必要だからツボほど関心がないけれど。

鍼は危険だろうから、灸は鍼よりは安全だろうとは思うけれど、個人的に、

ツボ>灸>鍼 の順番だろうか。

 

灸とか鍼は専門家のところへ。