瞬間-moment-

キリスト教とは何だったのか?

ジョン・D・ロックフェラーはバプテスト

ジョン・デイヴィソン・ロックフェラー・シニア(John Davison Rockefeller, Sr、1839年7月8日 - 1937年5月23日)は、アメリカ合衆国の実業家、慈善家。

スタンダード・オイルを創業し、同社は石油市場を独占し、アメリカ初のトラストを結成した。石油業界を変革し、現代的フィランソロピーの構造を定義し、ピーク時はアメリカの石油の90%をコントロールした。[1]1870年にスタンダード・オイルを創業したロックフェラーは、積極的な経営を行い、その後1897年に事実上引退した[2]。スタンダード・オイルオハイオ州で、ジョンと弟ウィリアム・ロックフェラー(英語版)、ヘンリー・フラグラー(英語版)、ヤベツ・A・ボストウィック(英語版)、化学者サミュエル・アンドリュース(英語版)、スティーヴン・V・ハークネス(英語版)によって創設された。

ケロシンとガソリンの需要の高まりと共に富も膨れ上がっていき、アメリカ人初の10億ドルを越える資産を持つ人物となり[3]、彼が亡くなった1937年時遺産は14億ドル(2015年の価値では23億ドル[4])にも上ぼり、国の経済の1.5%以上であった。(2013年換算では2530億ドルになる[5])物価の変動を考慮すると、史上最大の資産を持つ富豪とされている[6][7][8][9]。

慈善活動の現代的かつ体系的アプローチの構築に引退後の40年間、資産の大部分を使った。医療・教育・科学研究促進などを目的とした財団を創設した[10]。彼が創設した財団は医学研究を推進し、鉤虫症や黄熱病の根絶に貢献した。また、シカゴ大学ロックフェラー大学を創設し、フィリピンにセントラル・フィリピン大学(英語版)の創設資金を提供した。

熱心なバプテスト信者であり、生涯に亘って米国バプテスト同盟を支援した。彼は酒とタバコを嗜まなかった[11]。

 

信条[編集]
ロックフェラーはエイブラハム・リンカーンに投票しており、新たな共和党を支持していた[30]。地元のバプテスト教会の熱心な会衆の1人で、日曜学校で教え、評議員や教会の事務を務め、時には門番役も買って出た[31]。生涯にわたって信仰を行動指針とし、それが自身の成功の源泉だと信じていた。「神が私に金を与えた」とも言っており、蓄財を恥じることがなかった。ジョン・ウェスレーの格言「得られる全てを得て、可能な限り節約し、全てを与えなさい」を信条としていた[32]。

 

ジョン・ロックフェラー - Wikipedia

 

 

ロックフェラー家(Rockefeller family)は、ドイツ南部のプロテスタントの一派バプテスト(浸礼派)として起源を持ったアメリカ合衆国の名門一族。祖先はフランス系のユグノー出身であり、本来の家名はロクフイユ(Roquefeuille)であったが[1]、ドイツへの移住とともにロッゲンフェルダー(Roggenfelder)となり[2]、アメリカに移住してからロックフェラーと改称した。

概要[編集]
世界最大の石油トラストとして君臨したスタンダード・オイル創始者のジョン・D・ロックフェラーと弟でナショナル・シティー銀行ニューヨーク(現在のシティグループ)創業者の一人であるウィリアム・ロックフェラーによって発展した一族。世界的な財閥で、石油業や軍事産業、金融業など様々な企業を傘下に収める。その中の代表的企業には、ジョンの孫のデイヴィッド・ロックフェラーが頭取を務めたチェース・マンハッタン銀行(現在のJPモルガン・チェース)がある。これはカーギルのメインバンクであった。モルガン財閥、メロン財閥と並ぶ米国三大財閥の一角。英国の世界的な財閥であるロスチャイルド家としばしば比較され、2012年5月30日のRITキャピタルパートナーズでの歴史的な資本提携は話題を呼んだ。

更には、ジェラルド・R・フォード大統領の下、副大統領に就任したネルソン・ロックフェラーやアーカンソー州知事を務めたウィンスロップ・ロックフェラー、現職のアメリカ上院議員のジェイ・ロックフェラーの3名の政治家も輩出した。

また、ジョン・D・ロックフェラー2世が自らの資金で建設したロックフェラー・センターや初代が慈善事業の一環で始めたロックフェラー財団ロックフェラー大学など、その名を冠した建造物や組織もある。

ロックフェラー家 - Wikipedia

 

ジョン・ウェスレー(John Wesley、1703年6月28日(ユリウス暦6月17日) - 1791年3月2日)は、18世紀のイングランド国教会の司祭で、その後メソジスト運動と呼ばれる信仰覚醒運動を指導した人物。この運動から生じたのがメソジスト派というプロテスタント教会であり、アメリカ合衆国・ヨーロッパ、アジアで大きな勢力をもつに至った。特にアメリカではプロテスタント系で信徒数第2の教派である。聖化を強調し、『キリスト者の完全』を唱えた。これはウェスレー派のメソジストときよめを強調するホーリネスに継承されている。

ジョン・ウェスレー - Wikipedia

 

ロックフェラーはウィキペディアの記事が長い。

引用も長くなってしまった。

エネルギー問題を考えると石油は重要だから仕方ないのかもしれない。

一応、個人的な問題の関心として宗教はバプテスト。

 

読んでもいないから漫画とかの話題はしたくは無いのだけれど

ワンピースのDとかジョジョの奇妙な冒険スピードワゴン財団とか

思ったりした。

 

話は戻って、ジョン・D・ロックフェラーはバプテストだけれど

メソジストのジョン・ウェスレーの格言を信条にしていた、と。

それはどうしてなのだろうと疑問ができたけど、別に気に入った格言に

宗派は関係ないか。