瞬間-moment-

キリスト教とは何だったのか?

コーヒーは禁止

戒律[編集]
末日聖徒イエス・キリスト教会では、戒めは「あるべき理想像」そのものではなく、救いにとって必要条件であるが、機械的に戒めを守っているだけでは救われない。 末日聖徒イエス・キリスト教会の「戒め」とは、人が神の器としての水準を維持するための安全基準として自ら進んで守るべきものとされている。


知恵の言葉
健康の維持が人の神聖を保つという教えに基づいて定められた教義である。原則として教会は、物質名や商品名を列記して禁止し強制する運用は知恵の言葉の理念に反すると考えている。
コーヒー、紅茶、茶(麦茶など茶葉を使わないものはかまわない。)、タバコ、アルコール飲料、麻薬類(医師の処方を除く)を禁じている。過度の肉食を控えるように教えているが、菜食主義は奨励していない。カフェインの多量摂取が健康を害するという理由から、自主的に制限をしている会員もいる。ただし、風邪薬を含めてカフェインなど、専門医の勧めにより体調療養のための薬物の使用は良しとされている。つまり、自律神経をむやみに刺激するもの、依存症にかかる物質を避けるという教えである。

末日聖徒イエス・キリスト教会 - Wikipedia

 

 

モルモン教の戒律で印象的なのはコーヒーが禁止ということだ。

私は体調が悪化してからコーヒーを飲むと頭痛がしたり立ちくらみするようになったので、もうコーヒーを飲まなくなったのだけれど。たぶんカフェインが駄目なのかもしれない。

紅茶とか茶まで禁止なのはつらい。

 

水というかミネラルウォーターしか飲まないのだろうか。

ミネラルウォーター箱買いで常備とか。きついものがある。

 

ああ、牛乳とかは大丈夫なのか。それでも朝昼晩、牛乳を飲むのはつらい。

 

とか疑問に思って調べたら意外とジュースとかも飲んでいるみたいだ。

野菜ジュースとか。

 

私が気にしすぎた。