瞬間-moment-

キリスト教とは何だったのか?

和三盆糖の謎

体のコリがひどいのでストレッチはしているのだけれど、
気功とか始めてから食後に栄養が浸透するような感じがする。

それで偶然、和三盆糖を食べたのだが
その浸透する感じがより強かったのでメモしておこう。

疲れているから糖分が体に必要だったとかそういうことなのだろうか。

 

製法[編集]
近代的な精糖ではなく、伝統的な製法で製造されている。

和三盆の原料となるサトウキビは、地元産の在来品種「竹糖(ちくとう・たけとう)」という品種が用いられる。地元では細黍(ほそきび)と呼ばれる温帯での生育に適した竹糖は、イネ科「シネンセ種(S.sinense)」に属し、熱帯地方で一般的に栽培されるサトウキビのオフィシナルム種(S.officinarum)とは異なる栽培種である。晩秋に収穫した茎を搾って汁を出した後、石灰で中和を行い、ある程度まで精製濾過したのち結晶化させる。この結晶化させた原料糖は白下糖といい、成分的には黒砂糖とほぼ同じ「含蜜糖」である。

そして白下糖を盆の上で適量の水を加えて練り上げて、砂糖の粒子を細かくする「研ぎ」という作業を行った後、研いだ砂糖を麻の布に詰め「押し舟」という箱の中に入れて重石をかけ圧搾し、黒い糖蜜を抜いていく。この作業を数度繰り返し、最後に1週間ほどかけて乾燥させ完成となる。

和三盆 - Wikipedia

 

サトウキビなのか。

他の砂糖も試してみようとは思うが。