瞬間-moment-

今なら無料です。キリスト教のアガペー。

エクソシスト

エクソシスト(exorcist)は、キリスト教、特にカトリック教会の用語で、エクソシスムを行う人のこと。エクソシスムとは誓い、厳命を意味するギリシャ語であり、悪魔にとりつかれた人から、悪魔を追い出して正常な状態に戻すことをいう。現在のカトリック教会では、洗礼式の時に悪霊を拒否する誓約がある[1]。 かつてはカトリック教会の下級叙階の位階の一つとして存在し「祓魔師」(ふつまし)と訳された。また、日本の神道用語が転用されたことがあるが、キリスト教神道は異なる宗教であり、まったく別概念である。

エクソシスト - Wikipedia

 

まあ、聖書には悪霊がでてくるし、いることはいる設定ではあるのだよね。

では悪霊はどのような存在なのか

本当に悪の幽霊が存在するなどいくらなんでも無理が無いだろうか。

しかし宗教だからなあ。

どうやって悪霊から身を守り、また戦っていくのか

難しい問題である。そんなもの存在しない、あるいは関わらないのが正解だと思う。

金正日は光明星だそうだ。

今適当に調べていたのでわからないことが多いが、

 

北朝鮮のインターネットで良いのか知らないがネットワーク名が光明だったり、
ロケットが光明星だったり、やけに光明が出てくると思ったのだ、
といっても二つだけだが。
なんなのだろうと思ったのだけれど、
光明星讃歌とかいう金日成が作成した漢詩にも登場するそうだ。
それで、金正日のことだそうだ。

 

白頭光明星

金正日の呼称一覧 - Wikipedia

 

 

それから、なぜ金日成金正日光明星と呼んだのかはわからない。
漢詩だそうから、なにか漢詩とかに元ネタがあるのだろうか。

それから何の星かはわからなかった。北朝鮮に象徴的な星とかあるのだろうかとか

思ったのだけれど、そういうわけでもないのかもしれない。

疲れているのに調べるようなことでもなかった。

金正日は星なのか

北朝鮮のインターネットで良いのか知らないがネットワーク名が光明だったり、
ロケットが光明星だったり、やけに光明が出てくると思ったのだ、
といっても二つだけだが。
なんなのだろうと思ったのだけれど、
光明星讃歌とかいう金日成が作成した漢詩にも登場するそうだ。
それで、金正日のことだそうだ。


白頭光明星

金正日の呼称一覧 - Wikipedia

 

それから、なぜ金日成金正日光明星と呼んだのかはわからない。
漢詩だそうから、なにか漢詩とかに元ネタがあるのだろうか。

疲れているのに調べるようなことでもなかった。

ミョウバン

ミョウバン(明礬、英: Alum)

用途

媒染剤や防水剤、消火剤、皮なめし剤、沈殿剤などの用途があり、古代ローマ時代から使われてきた。上質の井戸がない場合、質の悪い水にミョウバンを入れて不純物を沈殿させて飲用に使うこともあった。また、腋の制汗・防臭剤としても使用されていた。天然のミョウバンは白礬(はくばん)とも呼ばれ、その収斂作用、殺菌作用から、洗眼、含嗽に用いられることがあった。

甘露煮などを作る際に、細胞壁と結合して不溶化することで煮崩れを防ぎ、またナスの漬物では色素であるアントシアニンの色を安定化して、紫色を保つ働きがある。ウニ(雲丹)の加工時の型崩れ防止・保存のための添加物としても使用される。多量に用いるとミョウバン独特の苦みを呈する。

温度の変化により溶解度が大きく変わる性質があり、溶解度曲線や単結晶生成の化学実験によく使用される。

写真現像の定着処理液で硬膜処理剤としてミョウバンが用いられる。とくにフィルム感光面の長寿命化が要求される場合にクロムミョウバンを用いて定着処理の後に超硬膜処理をする場合がある。

日本画では和紙への絵具滲みを防ぐために、ミョウバンと膠の混合液である「礬水(どうさ)」を和紙に塗る。

園芸においてはアジサイの発色に用いられる。アントシアニンの色を安定化して鮮やかな青色を発色させる働きがある。

ミョウバン - Wikipedia

 

メディチ家関係だけれど

化学式を表示する方法は後で調べよう。

ミョウバンで財産が築けるのだろうか。

 

ピサの斜塔

f:id:yukiyamasnow20:20170515225315j:plain

 

 

 

f:id:yukiyamasnow20:20170515225329j:plain

 

 

 

f:id:yukiyamasnow20:20170515225337j:plain

 

振り子時計の画像を探したが良いものが無かったので、

ピサの斜塔にした。ガリレオの実験です。

ガリレオ・ガリレイ

ガリレオ・ガリレイGalileo Galileiユリウス暦1564年2月15日 - グレゴリオ暦1642年1月8日)は、イタリアの物理学者、天文学者、哲学者。

パドヴァ大学教授。その業績から天文学の父と称され、ロジャー・ベーコンとともに科学的手法の開拓者の一人としても知られている。1973年から1983年まで発行されていた2000イタリア・リレ(リラの複数形)紙幣にガリレオの肖像が採用されていた。

 

1610年
木星の衛星を発見、「メディチ家トスカーナ大公家のこと)の星」と名づける。これを『星界の報告』(Sidereus Nuncius)として公刊する。この頃から、地動説へ言及することが多くなる。
ケプラーが『星界の報告者との対話』を発刊、ガリレオを擁護する。)
ピサ大学教授兼トスカーナ大公付哲学者に任命され、次女のみを連れフィレンツェに戻る。

ガリレオ・ガリレイ - Wikipedia

 

メディチ家の起源[編集]
メディチ」は後出のように「医師」、「医学」、「医薬」という意味であり、先祖は薬種問屋か医師であったのではないかとされており、13世紀のフィレンツェ政府の評議会議員の記録に既にメディチの名前が残されているが、それ以前の経歴や一族の出自に付いてはあまり明らかにされていない。美術研究家の高階秀爾は著書で、メディチ家が元々はムジェルロ(英語版) 出身の農民であり、田地を売り払って街に出たと推測している[1]。メディチの紋章(金地に数個の赤い球を配する)の由来については、2つの説がある。ひとつは、「メディチ」(Medici)の家名そのものが示すように、彼らの祖先は医師(単数medico/複数medici)ないし薬種商であり、赤い球は丸薬、あるいは吸い玉(血を吸いだすために用いる丸いガラス玉)を表しているという説である。もうひとつは、メディチ家フィレンツェ随一の大富豪にした当の職業、すなわち銀行業(両替商)にちなんで、貨幣、あるいは両替商の秤の分銅を表しているという説である[2]。銀行業を始める前は、薬品の一種で欧州の工業で大きな位置を占めていた毛織物産業において媒染剤として重用されたミョウバンを商って栄えていた。いずれにしろ、一族に多いコジモの名は、医師と薬剤師の守護聖人聖コスマスに由来している。

メディチ家 - Wikipedia

 

 

せっかくだからガリレオ・ガリレイ

メディチ家はカトリーヌ・ド・メディシスのあのメディチ家

なぜカトリーヌ・ド・メディシスかといえば、

ノストラダムス関係。

 

メディチ家は医療系というわけではないようですね。

医療系だと思っていましたが、諸説あるうちの一つのようです。

 

 

ガリレオだったのだろうか。

 1995年に探査機ガリレオ木星大気に測定用プローブを突入させ、大気を質量分析計で測定した結果3Heと4Heの比率は約1:10,000であった[5]。

ヘリウム3 - Wikipedia

 

ガリレオ (Galileo) は、1989年10月18日にアメリカ航空宇宙局 (NASA) が打ち上げた木星探査機。1995年12月7日に木星周回軌道に到達し、2003年9月に木星大気圏へ制御落下させられるまで、木星とその衛星の観測を続けた。名前は天文学者ガリレオ・ガリレイにちなむ。

ガリレオ (探査機) - Wikipedia

 

 

なぜ木星に関心があるのかといえば、

木星の超巨大火山から惑星が誕生したとかいう飛鳥説の影響なのだが、

木星の内部の映像は以前、テレビで放送されたことがあったようなとか思って気になっていたのだけれど、ウィキペディアのヘリウム3の記事の探査機ガリレオの測定用プローブのイメージ映像かなにかだったのだろうか。

まあ、それも大気の映像だから地表ではないのだけれど。

 

記憶のあやふやさはいいかげんである。

そんなもの無かったのかもしれない。